Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/aishigyo/www/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 825
AI x 働き方改革セミナー in 札幌 | AI秘書ドアーズ

AI x 働き方改革セミナー in 札幌

2017年10月5日(木) 日本IBM 札幌事業所で「AI x 働き方改革セミナー in 札幌」を開催しました。

現在、AI(人工知能)の登場により働き方が変わると言われています。機械的な作業、ルーチンとなっている作業はAIやロボットに移り変わって行きます。日本国政府としても「働き方改革」の政策を企業に促し、一人ひとりの生産性向上を図っていきましょうと言っています。今回のセミナーでは実際にどのように働き方改革を実現しているかの話が様々出てきました。

講演1 「AI x 社会保険労務士」によって、みらいの士業の働き方、人事・労務担当はこう変わる!

最初の講演では 主治医のような社会保険労務士法人 代表社員 岡本洋人(写真:左) と 株式会社zabuton 代表取締役 北野弘治(写真:右) による、みらいの社会保険労務士の働き方についてです。

「AI x 社労士」と真の働き方改革 (岡本)

はじめに現在の働き方の考察や政府が後押しをしている「働き方改革」にプラスして「真の働き方改革」について話をしていました。

「真の働き方改革」とは「生き方改革」なのです。

ただ単に残業時間の削減をするだけは意味はなく、「個人・家庭・社会」のバランスを取れるようにすることが大事と考えています。またこの考えは岡本だけが想っているのではなく、事務所のスタッフ全員と共有をしています。スタッフを含め、誰がみてもわかるように「100年ドアーズ・理念と哲学」を作成しています。

また実際に働き方改革を実現するために、顧問企業からの労務相談や手続きを依頼を電話やメールで受けるのではなく、ChatWorkというクラウド型チャットシステムを用いて行っています。ChatWorkを導入することによりいままでファイルのやり取りやレスポンス待ちが長くかかっていた。また電話やメールで相談を受けると社内での情報の共有もできずに報連相に時間がかかってしまっていました。

さらにAIを登場により労務相談の多くをAIにやってもらうことにより、社労士が本来あるべき姿に行けるのではないかと考え、後述の株式会社zabutonとの「AIによる労務相談質問応答システム」の開発が始まる。このシステムについては後述します。

「未来の働き方をAIで作る ~AI社労士 – 知働化~」(北野)